インプラントで固定

インプラントを選ぶこと

トップ / インプラントを選ぶこと

インプラントと矯正の情報

インプラントの選択について

歯が抜けてしまったところの治療として、以前であれば部分入れ歯やブリッジといった治療方法が主流となっていたため、それらを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。これらの治療法は現在でも多く行われていますが、より良い方法としてインプラントを選択することができる歯科が増えてきています。この治療法のいいところは顎の骨に直接固定するために、他の歯に負担をかけることがないことです。部分入れ歯やブリッジは他の歯に負担がかかります。そのため、インプラントが最も良い方法とされています。

インプラント後のメンテナンス

インプラントの手術を受けたあとも、数か月ごとに歯科に通ってメンテナンスを受けることが大切です。インプラントでは、失った歯の部分に金具を埋め込み土台をつくる手術をしたあとで、人工の歯を固定して完成させます。土台の部分は時間の経過とともに骨と結合して強固なものとなりますが、人工の歯の部分の噛み合わせが悪かったり、歯と歯茎のすき間からばい菌が入り込んで歯周病になってしまったりというトラブルも考えられます。このため、定期的なメンテナンスで最適な状態を保つ必要があるのです。

© インプラントで歯並び治療. All rights reserved.