インプラントのよさ

歯を失ったらインプラント

トップ / 歯を失ったらインプラント

インプラントと矯正の情報

インプラントのいいところ

インプラントは何らかの事情で歯を失ってしまった時に使われる歯科技術です。虫歯や歯周病やけがなど、様々な要因で、歯を失うと、それを補う治療を施します。様々な治療法の中で、人工の歯根と人工歯を埋め込むものですので、会話や食事の最中にずれが気になったり外れることがありません。インプラントはその耐久性や機能性、見た目の面などあらゆる点で自然の歯とそっくりですので、第二の永久歯とも呼ばれています。毎日の歯磨きと、定期的な健診などを受けることで、半永久的に使っていくことも可能なのです。

歯を失ったらインプラントへ

顎の骨にインプラントというものを埋め込む治療法があります。この治療法は、歯を失ってしまったときにとても有効な治療方法です。歯を失ってしまったときには、また生えてくることはないので、歯槽膿漏などの歯茎が弱くなって抜けてしまった場合や、虫歯が歯根まで到達してしまい、歯根も残らないので治療することができない方などにとても有効な治療法です。インプラントは歯根の代わりをしてくれて、歯茎にも歯根にも頼らずに失った歯を元の状態に近い状態で使うことができるようになります。

© インプラントで歯並び治療. All rights reserved.